JR千葉駅東口より徒歩3分。無料ご相談の予約は 043-301-6777

取扱分野一覧

services

刑事事件

取調べに呼ばれて不安

1. 取調べに呼ばれて不安

取調べって何?

取調べの意義

取調べとは、捜査機関が犯罪を犯したと疑う者,被害者や目撃者等から話を聞くことです。取調べは、捜査機関が事件の内容を把握するために,警察や検察の捜査活動の中で必ず行われています。
取調べが行われる場所は,警察署や検察庁の取調室となります。
事件によっては,取調室において取調べ内容を録音・録画することもあります。

取調べ内容の証拠化

取調べ中に被疑者や被害者,目撃者といった参考人が話した内容については、供述調書等の書面に記録され証拠化されます。
作成された供述調書等は後の裁判などで重要な証拠とされる可能性があるため,自身が不利になるようなことは記録されないようにしなくてはなりません。
場合によっては黙秘権を行使しなければならないこともあります。
取調べを受ける前には,弁護士に相談し取調べの対応の仕方を準備しておく必要があります。

突然警察から電話で取調べに呼ばれたのですが逮捕されてしまうのでしょうか?

警察から呼ばれて出頭したからといって,必ずしも逮捕されるとは限りません。
警察が取調べに呼んだのは,犯人だと疑っている人や参考人から話を聞くためです。
もっとも,警察が既に逮捕状を準備して逮捕するために呼び出しを求めることもあります。また,取調べの最中に嫌疑(犯罪を犯したのではないかという疑い)が濃厚となり逮捕されてしまうこともあります。
可能な限り,警察から呼び出しを受けたら,取調べの対応について弁護士に相談するのが良いです。
アトム市川船橋法律事務所では,取調べが不安な方に対して,刑事事件を多数取り扱っている弁護士が取調べの対応方法についてアドバイスを行っております。

取調べや事情聴取に付き添ってほしいのですが?

弁護士は,被疑者の方と一緒に取調室に入ることはできません。
もっとも,弁護士は,被疑者の方に付き添って警察署まで行くことができます。そうすることで,被疑者の方は,安心して落ち着いた状態で取調べにのぞむことができます。
また,取調べではなく単なる事情聴取の場合には,弁護士も事情聴取に同席できることもあります。
威圧的な取調べの雰囲気にのまれて,自身に不利なことを話してしまわないように,一度弁護士に警察署まで来てもらうのも一つです。
アトム市川船橋法律事務所では,取調べが不安な方に,警察署への付添を行っております。

警察からの出頭要請を拒否したいのですが?

事前になんの連絡もせずに警察からの出頭要請を拒否していると逮捕されるリスクがあります。
警察は,犯人の疑いのある人が逃亡のおそれや証拠隠滅のおそれがあると判断した場合に逮捕しようとするのですが,警察からの出頭要請を事前の連絡もせずに拒否し続けていると,逃亡のおそれや罪証隠滅のおそれがあると判断し,逮捕することがあります。
もっとも,警察からの出頭要請を拒否する正当な理由,例えば,仕事があってその日はどうしても会社を休めない等といった理由であれば,警察にその理由を伝えて,出頭を別の日に調整してもらえます。そうすると,突然逮捕される可能性は低くなります。
逮捕の恐怖や取調べの不安等で警察からの出頭要請を拒否する方がいますが,出頭を拒否し続けていると,逮捕のリスクが上がってしまいます。
出頭要請を拒否していても問題は解決できません。
アトム市川船橋法律事務所では,警察への出頭に不安を抱えている方にアドバイスをして二人三脚で問題解決へと取り組んでおりますので,警察から出頭要請がありましたら,まずはお電話ください。