JR千葉駅東口より徒歩3分。無料ご相談の予約は 043-301-6777

取扱分野一覧

services

刑事事件

示談で解決してほしい

示談って何?

示談とは、加害者が被害者に対して被害弁償金等を支払う代わりに、被害者が加害者を許すなど、当事者間で今回の事件は解決したと約束することを意味します。
示談は,弁護士が当事者間の刑事紛争に介入し,示談書を作成して事件を終結させていくことが一般的です。弁護士が介入すると,示談交渉が途端に円滑になるケースが多いため,弁護士に依頼し示談交渉を行ってもらうという手法は,事件の早期解決のための効果的な手法として用いられています。
示談成立の有無は,検察官が起訴するか否か,裁判官が執行猶予判決にするか否かを決める際に,重要な事実となってきます。

示談をするメリットは何ですか?

示談をするメリットは,多数あります。
まず,勾留中に被害者と示談が成立すれば,示談成立時ないしは勾留満期日に処分保留の釈放となり,その後不起訴処分を獲得できる可能性が極めて高くなります。
次に,刑事裁判において示談締結の事情が判明すれば,執行猶予付き判決の可能性が高くなります。
特に,財産犯(例えば,窃盗や強盗,横領等)については,被害弁償をして,示談が締結できるかどうかで執行猶予付き判決を獲得できるかがかわってきます。
さらに,民事事件についても一挙に解決することができます。
刑事事件を起こしてしまった場合,被害者には,通常不法行為に基づく損害賠償請求権が発生し,民事裁判を起こされるリスクが生じます。
しかしながら,示談を行えば,そのようなリスクを回避することが可能となります。このように刑事事件における示談の締結は,民事事件についても一挙に解決することが可能となるのです。

示談をするデメリットはありますか?

示談をするデメリットは,決して少なくない金額の出費くらいで,他にはあまり考えられません。検察官が起訴するか不起訴にするか,裁判官が実刑にするか執行猶予付き判決にするかの判断をする際に,絶大な効果を発揮します。

被害者と示談をしてほしいです。

示談交渉は,アトム市川船橋法律事務所の弁護士にお任せください。
示談交渉の経験豊富な弁護士が対応して参ります。
被害者のいる事件の場合,相手方と示談を締結することは,不起訴処分や執行猶予付き判決を獲得する上で非常に重要な事柄となってきます。
しかしながら,当事者同士での示談は,現状難しいところがあります。
特に,性犯罪等では,被害者の方は,加害者の方と一切コンタクトを取りたくないとの意向をお持ちの方が多く,被害者の方の連絡先一つ聞くにしても難しいケースが多々あります。
当事者同士での示談が困難である場合,アトム市川船橋法律事務所の弁護士は,ご依頼者様に代わり,相手方との示談交渉を行うことができます。
ご依頼を受ければ,迅速に対応して参ります。
示談締結の経験が豊富でかつ多数の実績もあるため,示談の締結から示談書の作成,その後の捜査機関や裁判所とのやり取りまで全て行って参ります。
被害者との示談交渉でお困りの方は,一度お電話下さい。